子どもの思考力や集中力を伸ばすために

子どもの思考力や集中力を伸ばすために心がけていることは、とにかく見守る姿勢です。難しいおもちゃの組み立てや初めての体験のとき、うちの子は少しパニックになることがありました。うまくできない体験がショックのようで、途中で泣き出したり、かんしゃくを起こしたりしていました。

そのようなときは、一緒になって怒るのではなく、辛抱強く励ますようにしています。そうすると、子どもは落ち着きをとりもどし、ゆっくりとでも取り組むようになりました。おそらく、「もっとできるはずなのにできない自分が嫌だ」という気持ちがあるのだと思います。焦ってしまうと、できることもできなくなってしまうため、しっかりと見守るようにしています。

また、私はつい口を出したり、手伝ったりしたくなる傾向があると思います。しかし、代わりにやってあげると子どもの能力が伸びない気がするため、ぐっと我慢して手出しを抑えています。最近では、少し難しいことでも落ち着いて取り組めるようになり、成長したなあと実感しています。